*

全身麻酔で歯が抜ける?

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 全身麻酔, 合併症, 注意点, 麻酔の説明書

歯

のりのり麻酔科医です。

 

「芸能人は歯が命」ってCMが以前ありましたよね。

でも、ボク達一般人もやっぱり歯は大切です。

今日は麻酔に関わる「歯のトラブル」のお話です。

稀なものが多いとはいえ、どんな医療行為でも「合併症」というものが起こりえます。

もちろん麻酔も例外ではありません。

そんな全身麻酔の合併症の1つに「歯牙損傷(しがそんしょう)」というものがあります。

簡単に言うと、歯が欠けてしまったり、折れてしまったり、抜けてしまったりする事です。

全身麻酔を行うと、麻酔薬の影響で自分で呼吸する力が弱くなってしまうため、

ご本人は眠っているので全くわかりませんが、空気の通り道(気管)に呼吸を助ける管を入れます。(場合によっては気管の手前までしか入れないものもあります)

その際、無闇に管を入れると、呼吸とは関係ない「食道(しょくどう)」に入ってしまったり、気管の入り口を傷つけてしまう恐れがあるので、

 

通常は「喉頭鏡(こうとうきょう)」という金属の板とライトが組合わさった道具で喉の奥をよくみながら気管に管を入れます。

↓↓↓コレです

 喉頭鏡

喉に管を入れる際、入れやすい人と入れづらい人がいます。アゴが小さい人や口が開きづらい人、首が悪い人など入れづらくなる原因はたくさんあります。

ボクたち麻酔科医は呼吸を助けるために、こういった管を入れるのが難しい人にも呼吸の管を入れなくてはいけません。

そのため状況によっては、どんなに気をつけていてもこの金属の板が歯に当たって傷つけてしまう恐れがあるんです。

 

普通は大丈夫なのですが、術前回診で抜けそうな歯や弱っている歯がないか確認し、もしあればボクは

「呼吸を助ける事が優先される場合、どんなに気をつけていても金属の板で歯が傷ついてしまったり、ときには折れたり抜けてしまったりすることもあります。知らないうちに抜けて窒息の原因になる可能性もあるので、今にも抜けそうな場合は安全の為に抜いてしまう事もあります」と説明しています。

 

 

まあ、「歯が折れたり抜けたりしてもいい」という人はいないと思いますが、呼吸の管が入れられないと命に関わるため、十分に説明して御理解を得ています。(不快に思われるかもしれませんが、それを含めての全身麻酔ということです)

でも・・困った事に、 実際は結構ぐらぐらなのに、ご本人は「ぐらぐらしている歯は無いですよ」なんて言われることもしばしばあるんです。

これはボクの体験談ですが・・・

 

 

たまに、よその病院で麻酔のお仕事をすることもあるんです。

そんなときは、術前回診は別の麻酔科の先生にお願いして、申し送りの紙で情報を共有します。

実際ボクが患者さんにお会いするのは手術室がはじめてになるわけです。

あるとき、ご年配の女性の全身麻酔を担当し、口に例の金属の器具を入れて気管に管を入れようとしたんです。(これを「挿管(そうかん)」といいます)

「ちょっと難しいな・・・」そう思いつつ、

なんとか気管の入り口を確認した瞬間、衝撃的な映像が眼に飛び込んできました。

なんと、金属の板が触れていた前歯が90°天井を向いていたのです!!

「ええ!!全然無理してないのに!!!!なんでぇ!!!!!(泣)」

抜けはしませんでしたが、もう歯がぷらぷらです。

このままでもよかったのですが、もしこの歯が何かの拍子に抜けてしまい、のどの奥に落ちて、管を抜いた後に気管に入ってしまった場合、最悪窒息する可能性もあるため、危険と判断して抜きました。

可能性として起こりうる合併症ですから、医療者としては仕方のないことですが、ご本人としては不本意だろうな・・・と落ちこみました(泣)

手術が終わって患者さんが病室に帰り、しっかり麻酔が覚めた頃を見計らって病室を訪問して事情を説明すると、

「ああ、前歯はもう抜けそうだったから、近々歯医者に行こうと思ってたんで大丈夫ですよ」と御本人と御家族。

・・・術前回診の情報がしっかり共有できていませんでした

というか、麻酔をかける前に自分で確認する事を怠ったボクが悪いんですが(涙)

以来、自分で術前回診にいけなかった人でも、全員の歯や口の状態や基礎疾患等は眠る前に確認するようになりました。

麻酔科医としては当然のことなのですが、ボクはこの時に学んだんです。

 っというわけで、皆さんも全身麻酔前には是非、

主治医の先生に相談の上、ぐらつきのある歯や弱い歯を歯医者さんで治療してもらってくださいね。

いいぜ!人気ブログランキング

のりのり麻酔科医です。今回の記事は参考になりましたか?

もし、少しでもお役に立てたのであれば、

上記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

ありがとうございました~!!

ad

関連記事

OK医師

手術で尿道カテーテルを入れてほしくないときの対処法

  のりのり麻酔科医です。 術後の傷の痛みを抑えるのが麻酔科医の使命の

記事を読む

しろくま

術後のシバリング

のりのり麻酔科医です。   手術を受けた事のある方は分かるかもしれませんが

記事を読む

IMG_8808.JPG

脊椎麻酔=腰椎麻酔=脊髄くも膜下麻酔=脊髄麻酔=下半身麻酔

    のりのり麻酔科医です。   い

記事を読む

疑問2

【よくある質問】全身麻酔後に目が覚めないことは?

  のりのり麻酔科医です。   術前の麻酔の説明にうか

記事を読む

目覚まし時計.jpg

全身麻酔と鎮静の違い

    のりのり麻酔科医です。   今日は麻酔の

記事を読む

ヒゲ.jpg

髭(ひげ)は危険なことがある

  のりのり麻酔科医です。   今回は、「髭(ひげ)」

記事を読む

時計2

全身麻酔の体感時間

のりのり麻酔科医です。   全身麻酔で眠っている時間はどのくらいに感じ

記事を読む

ビール

「酒飲みは麻酔が効きずらい」は本当か?

  のりのり麻酔科医です。 「酒飲みは麻酔が効きずらい」という噂を聞いた事がありますか?

記事を読む

疑問

【よくある質問】全身麻酔はいつきれますか?

  のりのり麻酔科医です。   麻酔科の術前説明に行く

記事を読む

指輪.jpg

手術の際に身につけてはいけないもの

  手術を受けた事のある方は、手術室の入り口で「はずせるせるものは、はずして

記事を読む

ad

  • みみすけ

    おひさしぶりで~す。歯科の定期検診が終わり、あのキ~ンを聞かずに済むので安心!たしかに当日の朝、麻酔科の先生のICの時に「歯が抜けたり、欠ける可能性がある」て言われましたねぇ。

    出来るなら抜けたくはないけど…梅雨のお陰で喘息が悪化中。ワイルドDrなら歯は何本か抜かれそう(; ̄ー ̄A

    • みみすけさん、いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてすみません!(泣)

      みみすけさんもそういった説明を受けましたか〜。

      麻酔科医はいつも気をつけているんです。大体は術前回診で歯が傷つく可能性が高いかどうかわかるんですが、実際やってみないとわからないときもあるんですよね・・・(汗)

      喘息なんですね(泣)お大事にしてください!!

  • はらちん

    こんばんは~(^o^)/
    歯は大事ですから、簡単に抜けてもいいなんて言えないですよね。

    私はこの前、副鼻腔炎になって歯が痛くなりました(T ^ T)
    噛むと異常に痛くて、ごはんを食べるのも苦痛で辛かったです。
    一応、歯医者に行って診てもらいましたが、虫歯ではなくて副鼻腔炎からきた歯痛だって…。
    頭痛も嫌だけど、歯痛もかなり辛いもんですね。
    歯は大事にしたいと思いました(^_^;)

    • はらちんさん、いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてすみません!(泣)

      そうなんです。芸能人だけではなく一般人も歯は大切ですからね(笑)

      歯痛はきついですよね(泣)ボクも大嫌いです。

      治療をしないといけない歯を放置してるから怖くて怖くて・・・

      お大事にしてくださいね♪

  • りん

    ある大病院で肩関節手術を全身麻酔で受けました。麻酔から目が覚めて、水や食事が許された時、下顎がザックリ切れているのに気づきました。
    入院中、痛くてご飯を食べたり歯磨きするのも痛かったのですが、薬剤師さんにケナログをもらって我慢していました。
    その後、退院して3週間たち、口内炎だと思っていたところがとても硬いことに気づき鏡で見ながら指で触ると歯がむき出しになっていました。下顎の奥歯の5ミリ程下になりますが深く切ったところは歯が見えている状態で治ったようです。
    病院にいる時に言えばよかったのに、すぐに治ると思ってしたので困っています。
    人工関節を持っているので、歯周病になると厄介ですし、歯とは少し離れているので虫歯になったらどうしようかと心配しています。
    麻酔医が新米?インターン?だったのは覚えています。どうしたらいいのでしょうか?

ad

試験
心臓血管麻酔専門医試験「たぶん勝法」

  のりのり麻酔科医です。 先日、心臓血

OK医師
手術で尿道カテーテルを入れてほしくないときの対処法

  のりのり麻酔科医です。 術後の傷の痛

IMG_2120
「1129(いい肉)の日」

のりのり麻酔科医です。 今日は11月29日「1129(い

病室
尿道カテーテルの疑似体験。痛いアルバイト

  胃の手術を受けた50代の男性が麻酔から醒め

日本国旗
勤労感謝の日ではなく新嘗祭(にいなめさい)

のりのり麻酔科医です。 本日11月23日は「勤労感謝の日

→もっと見る

  • のりのり麻酔科医の現在の順位はコチラ

  • 医療系ニュース・ガジェット・アイドル・筋トレ・海・焼肉・・・など、毎日が「のりのり」になれるネタを探して、記事にしています。

    のりのり麻酔科医(吹き出し2)

    管理人:のりのり麻酔科医
    197×年アメリカ生まれ、東京育ち。英語は全然話せません。
    本業は麻酔科医です。毎日、月に変わってお注射しています。



    旧ブログ:のりのり麻酔科医のブログ

PAGE TOP ↑