*

手術で尿道カテーテルを入れてほしくないときの対処法

OK医師

 

のりのり麻酔科医です。

術後の傷の痛みを抑えるのが麻酔科医の使命の一つだと思っていますが、せっかく手術の傷の痛みがおさまっていても、別の辛さを訴えられる患者さんもいます。

その訴えの一つが、尿道にいれるカテーテルの違和感・痛みです(特に男性)。

 

「尿カテ」「バルーンカテーテル」「フォーリーカテーテル」とも呼ばれるこの管は、

手術中・術後の短期間の使用を目的として膀胱に留置する柔軟なチューブのこといいます。抜けないように先端にバルーン(風船)がついています。

※フォーリーというのは、原型を考案した泌尿器科医のフォーリー先生のお名前だそうです。(関連記事:尿道カテーテルの疑似体験

 

麻酔中はご自身でおしっこができないため、このような管を入れることがあるんですが、

条件が整えば入れないで済むこともあるので、ご説明したいと思います。

術前の麻酔の説明のときに、患者さんから「やっぱり・・・尿の管って入れるんですか?」という質問も多く、手術に関わる看護師さんにもおさえておいてほしい話題です。

どんなときにフォーリーを入れるのか?

フォーリーを入れる理由は、

  1. 全身麻酔や下半身麻酔中で自分でおしっこをだせない
  2. 尿量が知りたい
  3. 尿がたまると膀胱が膨らんで手術がしずらいとき
  4. 前立腺や膀胱の手術のとき

 

もともとご自分でおしっこが出せる患者さんが手術の時にフォーリーを入れる理由はこんなところです。

 

全身麻酔中はご自分でおしっこが出せなくなってしまうので、手術が長時間になると膀胱がパンパンになってしまいます。麻酔をおかけしたあとに必要な輸液量によっても変わりますが、ボクは大体2時間を超えるようなら入れてもらってます。

 

下半身麻酔も麻酔をしてから5時間くらいおしっこがうまく出せないことがあるため、最初からフォーリーを入れる場合が多いです。

 

また、短時間の手術でも心臓や腎臓が悪い患者さんは輸液量を控えなければいけない場合もあるので、尿量がとても大事になってきます。麻酔中の尿量が輸液量の一つの指標になるからです。

そのため、短時間の手術でもフォーリーを入れてもらう場合もあります。

 

手術の部位によっては膀胱が膨れていると手術がしずらかったり、膀胱を傷つけてしまう恐れがある場合もフォーリーが必要になります。

 

前立腺や膀胱の手術は術後にフォーリーを留置する必要がある場合が多いです。

フォーリーを入れて欲しくない時の対処法

「もし可能なら、おしっこの管を入れないですみますか?」と、

まずは主治医の先生か麻酔科の先生に相談してみてください。

 

とっても言いづらいと思いますが、手術の説明や麻酔の説明のときに「なにか質問はありますか?」と聞かれるはずなので、そのタイミングが言いやすいと思います。

 

なんと、ただ単に慣習で入れている場合もあるので(その方が安全という理由で)、状況が許せば入れないで済むかもしれません。

術式や手術時間、全身状態によっては入れざるをえないのでご了承ください。

 

また、麻酔科医としてはフォーリーが入っていた方が全身管理がしやすいので、ダメな場合は申し訳有りませんが安全のためとお考えください・・・(汗)

 

でも、言ってみるのが第一歩です。術前から心配されている方も多いので、まずは聞いてみてくださいね。
いいぜ!人気ブログランキング

のりのり麻酔科医です。今回の記事は参考になりましたか?

もし、少しでもお役に立てたのであれば、

上記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

ありがとうございました~!!

ad

関連記事

時計2

全身麻酔の体感時間

のりのり麻酔科医です。   全身麻酔で眠っている時間はどのくらいに感じ

記事を読む

しろくま

術後のシバリング

のりのり麻酔科医です。   手術を受けた事のある方は分かるかもしれませんが

記事を読む

疑問

【よくある質問】全身麻酔はいつきれますか?

  のりのり麻酔科医です。   麻酔科の術前説明に行く

記事を読む

ヒゲ.jpg

髭(ひげ)は危険なことがある

  のりのり麻酔科医です。   今回は、「髭(ひげ)」

記事を読む

%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%93

全身麻酔をうけるなら、本当にタバコをやめたほうがいい

  のりのり麻酔科医です。 今日は全身麻酔とたばこのお話です。 全身麻酔を

記事を読む

疑問2

【よくある質問】全身麻酔後に目が覚めないことは?

  のりのり麻酔科医です。   術前の麻酔の説明にうか

記事を読む

指輪.jpg

手術の際に身につけてはいけないもの

  手術を受けた事のある方は、手術室の入り口で「はずせるせるものは、はずして

記事を読む

IMG_8808.JPG

脊椎麻酔=腰椎麻酔=脊髄くも膜下麻酔=脊髄麻酔=下半身麻酔

    のりのり麻酔科医です。   い

記事を読む

ビール

「酒飲みは麻酔が効きずらい」は本当か?

  のりのり麻酔科医です。 「酒飲みは麻酔が効きずらい」という噂を聞いた事がありますか?

記事を読む

歯

全身麻酔で歯が抜ける?

のりのり麻酔科医です。   「芸能人は歯が命」ってCMが以前ありましたよね。 でも、ボク達

記事を読む

ad

ad

OK医師
手術で尿道カテーテルを入れてほしくないときの対処法

  のりのり麻酔科医です。 術後の傷の痛

IMG_2120
「1129(いい肉)の日」

のりのり麻酔科医です。 今日は11月29日「1129(い

病室
尿道カテーテルの疑似体験。痛いアルバイト

  胃の手術を受けた50代の男性が麻酔から醒め

日本国旗
勤労感謝の日ではなく新嘗祭(にいなめさい)

のりのり麻酔科医です。 本日11月23日は「勤労感謝の日

疑問2
【よくある質問】全身麻酔後に目が覚めないことは?

  のりのり麻酔科医です。  

→もっと見る

  • のりのり麻酔科医の現在の順位はコチラ

  • 医療系ニュース・ガジェット・アイドル・筋トレ・海・焼肉・・・など、毎日が「のりのり」になれるネタを探して、記事にしています。

    のりのり麻酔科医(吹き出し2)

    管理人:のりのり麻酔科医
    197×年アメリカ生まれ、東京育ち。英語は全然話せません。
    本業は麻酔科医です。毎日、月に変わってお注射しています。



    旧ブログ:のりのり麻酔科医のブログ

PAGE TOP ↑